戻る
HIRO MATSUMOTOパターを、 いつも最適な状態でお使いいただくために、
お手入れの方法と注意事項を御案内しています。

有限会社 松本ゴルフ

お手入れの方法
1. 乾いた布または柔らかいブラシなどを利用して、汚れや水分および付着物などを取り除きます。 特にヘッド形状によっては、水分や付着物が溜まりやすくなっておりますので(キャビティ部など)、十分御注意下さい。
2. ベビーオイルや専用のオイル(アイアンオイルなど)、防錆油などを利用して、薄く皮膜を付けるように塗布して下さい。
3. 仕上げに、乾いた布で丁寧に磨いて下さい。


注意事項

1.

 パターヘッドの表面にはメッキ加工を施してありますが、汚れや水分が付着した状態での放置がサビ発生の主な原因です。 また、当りキズや打痕キズなどもサビが発生する原因の一つです。 日頃よりお手入れを行い、お取り扱いには十分ご注意下さいますようお願い申し上げます。

2.

 ラウンドの際にはパターヘッドを傷つけないよう、随時パターカバーのご利用をお勧めします。ゴルフバッグやゴルフカートのパター入れなどで起る他のゴルフクラブとの当りキズは、メッキ剥がれやサビ発生の大きな原因となります。
 また、ヘッドカバーを被せる際には軽くパターヘッドを拭いてください。ゴミや水分が付着したままパターカバーをご利用になられますと、カバー内で付着物が擦れたり、湿気がたまります。
 コース及びグリーン上に散布されている肥料等は、サビ発生を強力に誘発する原因ですので特にご注意下さい。
 天候に関わらず、ラウンド後は十分な手入れをお勧めします。

3.

 特に雨天時にプレーをされた時は、パターはもとよりパターカバーも十分に乾燥させて下さい。 湿り気を含んだ状態でカバーを使用されますと錆が発生してしまいます。

4.

 未使用時の保管にも十分ご注意下さい。
お手入れをした後でも、高温多湿の場所には決して放置しないで下さい。
また、空気中の湿気や他のサビの粉などがパターヘッドに付着し、「もらいサビ」をひき起すこともあります。定期的にお手入れされることをお勧めします。

5.

 サビが発生した場合には、細いスチールウールなどにオイルを含ませて優しく擦ると取り除くことができます。ただし、強く擦り過ぎますとパターヘッドの表面を傷つけることとなり、以後もサビが発生しやすくなります。


戻る